2017年07月27日

草むしりの必需品

庭の草むしりをしたいのに、生命の危険を感じるほど暑い日しかなく、ずっと着手できないでいました。ここへきて最高気温28度の日が!窓を開けたら外気がひんやりしてます。昨日の雨で土がちょっと湿っているけど、もう今日やるしかないと思って、朝から草むしりしました。

DSCF7465.JPG今まで草むしりの必需品は蚊取り線香だったのですが、今もう1つ愛用しているものがあります。それは、ヤブ蚊バリア。あらかじめ茂みや地面などにスプレーしておくと蚊が寄ってこないのです。ブラックベリーや梅など、実を収穫する植物のそばでは使用を避けてますが、それ以外の場所を草むしりするときに使っています。
最初は本当に効果あるのかなと半信半疑だったのですが、本当に蚊がいなくなるんです。蚊に刺されずに作業することができます。

DSCF7461.JPG今庭は花が少ない時期ですが、なぜかバラのイブピアジェがたくさん花を咲かせています。いつも大きめの花が1輪か2輪しか咲かないのに、今回はどうしたことか、一番花が終わった後軽く剪定しておいたらたくさんつぼみが上がってきて、今はスプレーバラみたいな咲き方です。
posted by NASA at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

暑すぎる・・・

外に出て庭の草むしりをしたいんですが、暑すぎて身の危険を感じるので無理です・・・。
わりと最近西側スペースは草むしりしたんですが、北側スペースとメインの東庭の草むしりをしたのが1ヶ月以上前でそろそろ見苦しくなってきています。夏になって本格的に暑くなる前にやりたいと思っていたのに、夏になる前から暑い・・・。
週間予報とにらめっこして、曇りで30度以下の日がないかな〜と探しているのですが、この先1週間ありそうにありません。

DSCF7460.JPG北側フェンスではブラックベリーの実が色づき始めました。この光景を見るようになると「夏が来るな〜」と思います。
ここ最近はブラックベリーはばっさり剪定しているので、実は少なめ。でもいいのです。あまり収穫できすぎると持て余すので。少なめぐらいがちょうどいい。
posted by NASA at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

今季初エアコン

昨日は湿度が高く、室内の湿度が70%近くなっていました。子供が定期テスト前なのですが子供部屋で弱っていたので(笑)、エアコンの除湿をかけました。今季初エアコンです。

今日は昨日よりは湿度はマシですが、今度は室温が高めでした。夜になっても29度以上ある・・・。今日はエアコンを冷房モードで運転しました。2日連続の使用となりました。

去年の夏、我が家は受験生2人を抱えていて、すでに部活を引退していたので家にいる時間が長く、子供部屋のエアコンを日中から運転している日も多かったのですが、今年は1人が大学生になってほとんど家にいないし(サークルだバイトだと言って夜遅くまで帰宅しません)、もう1人も高校生で夏休みも部活がわりとがっつりあるはずなので、去年の夏ほどはエアコン使わなくて済むかな・・・。
posted by NASA at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

10年点検

本日、家の10年点検を受けました。そうか〜、家を建ててからもう10年になるのか。

こちらが気になっていたのは、ダイニングにある24時間換気の給気口のモーター音がちょっと大きくなっているということと、木製窓が2ヶ所、開閉するときに窓枠をこすっている感じがあること。

モーター音に関しては、音が大きくなってきたら寿命が近いらしいです。そろそろ故障するかも?まぁ、10年使ってきたら取り換え時なんでしょうね。
我が家はダイニングとリビングの間に壁がなくて、リビングの方の給気換気扇は正常に動いているので、ダイニングの方は止めちゃってもあまり支障がないような気がするのです。それに、給気口のスイッチ切っても排気用の換気扇が動いているからか、手をかざすとちゃんと風が入ってくるんですよね。第1種換気が第3種換気になるだけの話?
今すぐに直したい、ダイニングの換気扇も動いてなくちゃいやだという状態でもないので、ちょっと様子を見ようと思います。

木製窓を開閉するときに枠に当たっている件に関しては、窓自体が下がっているということはなさそうなので、湿気のせいではないかというお話でした。木が湿気で膨らんだことで当たるようになったのではないかと。
窓の内側の下辺だけが塗料がめくれて剥がれているような状態になっているところがあるのですが、私はこれは紫外線のせいだと思っていました。
が、実は紫外線が原因ではなくて、目に見えないレベルの結露があって、水分が下部にたまるので、窓の四辺のうち下辺だけが塗料がふやけてめくれているらしいのです。
これはサンドペーパーで浮いた塗料を取り除いて、室内用の透明塗料を塗るといいとのことなので、自力でやることにします。

DSCF7441.JPGジューテックホームさんからチェックが入ったのは外壁について。
我が家の外壁はユニプラルですが、少し浮きや劣化(粉吹き?)が見られるとのこと。
また、窓モールの際までユニプラルが塗ってあるのですが、モールの下部でこのユニプラルが一部剥がれて落ちてきていました。写真は窓モールを下から撮ったもの。ユニプラルが欠けていて小さな空洞ができています。窓モールの内側なので、普通に雨が降るような向きでは水が入ることはないですが、跳ね返りなどがあれば水が入ってしまいます。

あと、窓モールの塗装が剥がれてきていること。
もう1つ、木製窓の塗装をDIYでやってますが、最後に塗ったのが4〜5年ぐらい前で、そろそろ塗らないといけないこと。
などがあって、これは足場を組んでメンテナンスした方がいいかも?ということになりました。
どうせ足場を組むなら、この機会にできることをまとめてやってしまった方がいいので、窓モールや木製窓塗装、外壁の洗浄やコーティング、窓モール下のコーキング、樋の洗浄と塗装をやった場合の見積もりを出してもらうことにしました。

ついでに、ウッドデッキの洗浄も見積もりをお願いしました。
我が家のウッドデッキは桟橋にも使われるイペでできています。木材自体は水に強いもので傷んだり腐ったりということはないのですが、一部日当たりの悪い部分に苔のようなものがついていたりするので、一度本格的に汚れを落とすのもいいかもしれません。
posted by NASA at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

窓を開けると

ここのところ風が強めに吹いている日が多くて、窓を開けておくと家の中が涼しいのでわりとずっと開けっ放しになっています。
そうしたら、裸足で歩いているとざらざらした感触が気になるようになりました。どうも外から砂ぼこりが入ってきて、床がじゃりじゃりになってしまったようです。クイックルワイパーでフローリング掃除してみたら、シートが焦げ茶色に・・・。

また、なんだか腕やら脛やら粉吹いていて痒いなと思うようになって、家の中に設置してる湿度計を見たら、1階は40%ちょっとで、2階にいたっては28%という数字でした。梅雨も近いこの時期、もちろん暖房なんて使ってないけどこんなに湿度が低かったんですね。どうりで肌が乾燥して痒いわけだ・・・。

窓を閉めて風通しがよすぎる状態をやめれば、床の汚れも乾燥ももう少しましになるのかもしれませんが、せっかくエアコンを使わなくても快適に過ごせる時期に窓を閉めてしまうのはもったいないなぁとつい思ってしまって、保湿クリームをべたべたと塗りつつ今日も窓全開です。
posted by NASA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

遅めのバラ

つるミミエデン.JPG早めに咲き始めたバラの一番花は終わりかかっていますが、遅めに咲き出したバラは今がピーク。
東庭では、つるミミエデンが咲き出しました。つるバラのはずなんですが、大きな木の陰になって日当たりが悪いせいか生長が遅めで、全然つるっぽくありません。私の腰ぐらいの高さまでしかありません。せっかくフェンス沿いの場所に植えたんだけどな。

ポンポネッラ株全体.JPGポンポネッラは大きなスクリーンになりました。この場所、うちと隣家の間のスペースで、スクリーンの正面から見るには家の中から見るしかないのですが、側面なら西側道路からも見ることができます。せっかくきれいに咲いたので、家族だけじゃなく道行く人にも見えるといいなと思っているのですが。

金銀花.JPGバラではないですが、東庭では金銀花も咲いています。
あまりに伸びて梅の木に巻き付いてしまうので、一時期は抜いてしまおうかと考えていました。一気には抜けそうもないので、短く切って樹勢を落としてから抜こうと思っていたのですが、コンパクトに切ってみたらいい花が咲いてしまい、抜くのが惜しくなってしまいました。梅のために抜こうと思っていたけど、自分がまめに剪定すればいいんだよな・・・。
posted by NASA at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

まだまだバラ

ハリーエドランド.JPGポンポネッラ.JPG南側スペースでもバラが咲き出しました。もともと咲くのが遅い品種なのか、それとも我が家の南側はお隣さんの家の陰で日当たりが悪いからなのかわかりませんが、他のバラがピークを過ぎた頃に南側でぽつぽつと咲き出します。
紫色のバラはハリーエドランド。毎回1〜2輪しか咲きません。
ピンク色のバラはポンポネッラ。今年は華奢なオベリスクをやめて太いイボ竹で作った行燈に誘引したので、今のところ崩壊もせずきちんと巻き付いています。下の方であまり咲かずに上へ上へと伸びていって高いところに花が咲く傾向にありますが、そのおかげでダイニングテーブルに座った状態でも窓から見えます。

DSCF7419.JPG花が込み合っていて風通しが悪くなっているところから少しずつ切ってきて、花瓶に活けました。
色の組み合わせなど全く考えずに切ってきただけ詰め込んじゃっても、それなりに雰囲気がありますね。今回切ってきたのはわりと花持ちのいい品種ばかりなので、しばらく楽しめるかな。
posted by NASA at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

思いのほかかわいかった

今日も庭のバラをご紹介します。
北側スペースのコーネリアが枯れてしまった後に投入したクロードモネ。北側は狭いスペースで、つるバラを持て余しつつあったので、あまり大きくならないものということと、わりといつも同じようなバラを買ってしまうのでたまには違う感じのものということで選びました。
選んでおいて言うのもなんですが、私多分あまり絞りのバラって好きじゃないんだよな〜と実は思ってました。

クロードモネ1.JPGクロードモネ2.JPGで、つい最近1輪つぼみがほころび始めて、今日にはしっかりと開き切ったのですが、これが思いのほかかわいかったのです。もっと派手でどぎつい感じになるかと思っていたら、とっても優しい感じのイエローとピンクの絞り。うれしい誤算です。
ネットで写真を探すと、ピンクが強いものとイエローは強いものとがあるようなんですが、うちのはイエローベースでした。

南側スペース.JPGさて、こちらの写真は南側スペースを寝室の窓から見下ろした状態。ストロベリーアイス、ジギタリスのピンクと、ネペタ シックスヒルズジャイアントの紫色がいい感じです。
我が家の庭はいろいろ植えすぎて、しかも管理が行き届かなくなりつつあって雑多な印象ですが、この部分だけ切り取るとナチュラルなイングリッシュガーデン風?

ストロベリーアイス.JPGシックスヒルズジャイアント.JPGストロベリーアイスとネペタのアップもそれぞれ載せておきます。
ストロベリーアイスは購入してからだいぶ年数がたちますが、庭のレイアウトに悩んでいた時期に何度か移植してしまい、しばらくは生長が悪くてヘロヘロでした。が、ここ数年勢いのある枝が出てくるようになって、今の植え場所も合っているようでホッとしてます。


posted by NASA at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

バラ〜

イブピアジェ.JPGPグルス.JPG続々とバラが咲き始めています。
派手な色のイブピアジェは、いつも1〜2輪しかつぼみがつかないのですが、今年は6つぐらいつぼみがあります。
日の当たりにくい場所に植えてあるピンク・グルス・アン・アーヘンは、花数は少ないですが、いつもより大きい花が咲きました。

DSCF7386.JPG今年はバラがいつもより順調のようで、枝の伸びがよかったり花がたくさんついたりしています。2月頃に軽く肥料をやっただけなんですが、何が違うんだろう・・・?いつもより少し思い切って剪定したからでしょうか?
この前も写真を載せたばかりですが、ストロベリーアイスとジギタリスが咲き進んで色がはっきりしてきたのでもう一度載せます。

バラに勢いがあるのはいいのですが、雑草も勢いがすごくて、特にヤブガラシ。私、この雑草大嫌いなんです。地上部の勢いもすごいのですが、地下茎がすごくて、気をつけて根っこごと抜いたつもりでもまたすぐ出てくるんですよね。他の植物がたくさん植えてある我が家の狭い庭では、除草剤も使えないだろうし・・・。

で、ちょっとネットで調べてみたら、おもしろい記事を見つけました。ヤブガラシを抜いてしまうとまた生えてくるので、抜かないままにするのだそうです。その代わり、上へ上へと伸びて他の植物に絡みついているのをはずして、地面に巻いて置いておくのですって。そうすると勢いが衰えて枯れるらしいのです。
抜かなくていいなら楽だし、美観的にどうよというのはありますが、試してみる価値あるかも。
posted by NASA at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

にぎやかになってきた

アンブリッジ.JPGジャメイン.JPG庭の花が咲き出して、だいぶにぎやかになってきました。
東庭では大好きなバラ、アンブリッジローズが咲きました。今咲いているのは1輪ですが、まだいくつかつぼみが控えているので楽しみです。
北側フェンスではスブニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインが咲いています。

DSCF7367.JPGジギタリス.JPG南側スペースでは何年ぶりかでジギタリスのサットンズアプリコットが咲きました。このジギタリス、こぼれ種から芽が出ると2〜3年かけて株が大きくなり、それから花が咲くのです。草むしりしているときに芽が出ているのに気づいて、抜かないように注意して育つのを待つと、何年越しかで花が咲くという。
我が家でジギタリスの花が咲くのは3サイクル目ぐらいなのですが、今年は少し丈が短いようです。もっと伸びるときもあるんだけど。
うまい具合にバラのストロベリーアイスの周囲から芽が出たので、コラボ状態になっています。
posted by NASA at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする