2018年06月08日

梅酢が上がってきました&梅雨の晴れ間

梅酢上がる.JPG一昨日、梅干しを作るために塩漬けした梅。今朝見てみたら、梅がすべて浸るぐらい梅酢が上がっていました。おお、早い。順調です。
あとは梅雨明けまで放置して、天日干しをすれば終了です。

ネペタ.JPG梅雨の晴れ間を狙って、だいぶボリュームが出てきたネペタ シックスヒルズジャイアントが蒸れないように間引きしました。かなり遠慮なくジョキジョキ切っちゃってもまだすごくスペースを取っています。ハーブ系は地植えすると思いのほか大きくなりますね。
切り取ったネペタの半分は花器に投げ入れて玄関の下駄箱の上に。もう半分は束ねてドアにかけました。

オルレアの種.JPG今年東庭に植えたオルレアが、今種をつけています。調べてみたら、茶色くなってきて触るとチクチク痛くて、ポロッと取れるようになると採種のタイミングということらしいので、今ちょうどその時期かな、ということでちょっと採ってみました。
種まきする場合は秋が適期のようですが、こぼれ種でも増えるということなので、今地面にばらまいちゃってもいけるかもということで、採った種は南側スペースのバラの間にまいておきました。
残りの種はもう少ししたら採種して、秋にまくために保管しておこうかな。
posted by NASA at 10:42| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

梅干し作り

先日梅シロップを作ったけれど、まだまだ余っている梅の実。引き取り手もないから処分するしかないかなと思っていたら、子供の大学のサークルで、梅仕事はしないけど、梅干しはほしいという子が何人か現れて、我が家で以前漬けた梅干しをおすそ分けすることになりました。
というわけで、家の梅干しが少し減ったので、新たな梅干しを作れることになりました。

梅干し仕込み.JPG収穫した中から少し黄色く熟しかかっているものを2kgほど選び出しました。
なり口を爪楊枝で取ってきれいに洗い、ざるにあげて水気を切ります。
梅の重さに対して15%の塩ということで300g準備。
梅の実を、家にあった果実酒用のホワイトリカーにくぐらせてから、別に少量用意した塩を表面にまぶして、ガラス瓶に詰めていきます。ある程度梅が入ったら塩を上から入れて、また梅を入れて・・・と繰り返して、最後に塩を入れて終了。
ガラス瓶用の重石を入れて、蓋をして保管します。

梅干しを作ったことは今までに4〜5回ぐらいだと思いますが、幸い一度もカビが出たことはなかったと記憶しています。
でも毎回、梅酢が上がってくるまではドキドキします。
posted by NASA at 14:47| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

梅シロップを作りました

DSCF8055.JPG梅の実を収穫しました。木の下から見たときはそんなにたくさん実がついているように見えなかったのですが、木登りしてみたら葉の陰に隠れて上の方にたくさん生っていました。6〜7kgぐらいあるかな?
実を収穫するついでに、かなり葉が密に生い茂っていたので、内向きに生えている細い枝はバサバサ切っちゃいました。風通しをよくしてやらないと毛虫とかが発生しますからね。最初はウッドデッキの上に影ができていましたが、木漏れ日が届くぐらいにはすっきりさせました。

DSCF8059.JPGとりあえず1.5kgほど使って梅シロップを作りました。梅と同量の氷砂糖を用意して、梅と氷砂糖を瓶の中に交互に入れていきます。最後に、お酢を1瓶(500cc)入れちゃいます。子供たちがはちみつの入った甘い梅シロップが好きじゃないので、カビ予防も兼ねてお酢を入れてパンチの利いた酸っぱい梅シロップにするのです。

余った梅の実、どうしよう。梅仕事をする友人たちが次々に遠くに引っ越してしまい、おすそ分け先がないのです。
庭の柚子は、12月で寒い時期だから腐る心配がなくて、箱に入れて「ご自由にお持ちください」と書いて玄関先に出しておくといつの間にかはけてるんですが、梅の場合今日みたいに暑い日に外に出しておくと傷みそうだし、お風呂に放り込んでしまえばいい柚子と違ってちょっと手をかけないと使い道がないので、梅を欲しがる人って限定されると思うんですよね。多分玄関先に出しておいても持って行ってもらえないだろうな・・・。
posted by NASA at 17:21| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

梅雨前の庭

バラはまだ咲いていますが、だいぶ色が抜けてきました。そろそろピークを過ぎましたね。
例外なのがクロードモネで、虫にかじられて花が1つしか咲かなかったのに、ここへ来て返り咲きなのかそれとも遅れて芽が出てきたのか、新たなつぼみが5つほどついています。楽しみです。

フェイジョア.JPG庭で今メインなのは玄関門扉のすぐ横に植えてあるフェイジョア。約11年前にフェイジョアを植えたときは、まだあまりメジャーじゃなかったので1本だけでの結実は難しかったのですが、最近は近所の個人宅や学校の生垣、公園などでちょくちょく見かけるようになりました。そのおかげで、授粉作業などしなくてもある程度勝手に結実してくれるので助かっています。

ブラックベリー.JPGそれからもう1つ、こちらは北側フェンスに誘引してあるブラックベリーです。
昨年の夏に剪定と誘引をし直したかどうか記憶にない・・・。多分やり忘れていると思います。でもちゃんと新芽が出て、花が咲いて、今一部実の形になりつつあります。
シュートが短いので収穫は少なめになりそうですが、あまりたくさん採れると持て余すので、少ないぐらいがちょうどいいです。

アナベルの苗.JPGアナベルのタグ.JPGこちらは新しく購入したアナベル。アジサイの仲間です。一般的なアジサイは日本原産種を改良したものだそうですが、アナベルは北米原産らしいです。これを、東庭の枯れてしまったヘリテージの跡地に植える予定です。
最初はもう一度何かバラを植えようかなとも思ったのですが、東庭にはすでに4種類バラが植えてあり、バラの季節が終わると一気に花が少なくなって庭が寂しくなってしまうので、夏前に咲いてくれる花にしようと計画変更したのです。
また、個人的な好みなんですが私は白いバラが好きじゃなくて、東庭に植えてあるバラはみんなピンクやアプリコット色です。ただし、白バラは好きじゃないですが白い花は好きなんです。春先にピンク系だった庭が、初夏に向かって白になるのもいいなぁと思って、あえてピンクや紫のアジサイじゃなくてアナベルにしました。

今日は草むしりして疲れたので、アナベルの植え付けはまた近いうちに。

posted by NASA at 11:44| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

新しい冷蔵庫

家を新築したときに同時に購入した我が家の冷蔵庫。もうすぐ丸11年になるのですが、パッキンが怪しくなってきました。最初、野菜室の引き出しを閉めたときに吸い付く感じがなくなってきて、少し力を入れて閉めないとだめになりました。ちゃんと扉が閉まっていないとピーピー音がして知らせてくれる機能があるのですが、この野菜室の場合隙間が小さすぎるのか、お知らせ音が鳴らないのです。さて開けようと引き出しに手をかけると、何の抵抗もなくプラプラの状態で引き出しが少し浮いていて、実は開けっ放しだったことに気づく、という感じ。

その後、力を入れて野菜室を閉めていたせいか、今度は開けるときにかなりの力を入れて引っ張り出さないと開かなくなりました。開けるたびにガコッと大きな音がします。
さらに連鎖するかのように、製氷室や小さめの冷凍室の引き出しの吸い付きが悪くなりました。
修理という手もあるのでしょうが、あちこち不調が広がってきた感があったので買い直すことにしました。

今回購入したのはシャープの両開きの冷蔵庫です。
我が家では昨年上の子が大学生になり、朝自分でお弁当を作っていくようになりました。高校生の下の子のお弁当はまだ私が作っているので、朝の忙しい時間帯にお弁当を作る人、朝食の準備をする人が入り乱れて、キッチンに複数の人間が立っていることが増えたのです。
今までの冷蔵庫は、レンジや炊飯器が置いてある作業台の方から開けるようになっていました。作業台の前に人がいると、冷蔵庫を開ける人の邪魔になります。両開きだったら通路の側からも開けられるので便利かも?ということで。
ただ、片開きの動線に慣れてしまっているので、どのぐらい活用できるかはまだ謎です。

今までの冷蔵庫ともう1つ違う点があって、前の冷蔵庫は冷凍室が一番下、野菜室が真ん中にありました。今回新しく買ったものは野菜室が一番下で、冷凍室が真ん中です。慣れなくてよく間違えます。
新しい冷蔵庫の色が前と違っていたりすれば、開けるときに「あ、そうだった、新しくしたんだった」と思い出して、開ける引き出しを間違えないように注意するかもしれないのですが、今回は色を選ぶ余地がなくて、前に持っていた冷蔵庫と非常に似た色の冷蔵庫を買ったので、開けてから「あ、そうだった」と気づく状態。
posted by NASA at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

窓から見えるポンポネッラ

ポンポネッラ.JPG毎年我が家の庭で一番最後に咲くバラ、ポンポネッラ。
枝ぶりが立派すぎて、少し風が強く吹いたりすると、誘引してある支柱をなぎ倒す勢いで傾いてしまいます。今年も春一番の頃にもれなく傾いて、怪我の功名でダイニングテーブルに座ったままでも見える位置まで枝が倒れてきました。
一番窓に近い椅子に座ったときの窓外の景色がこちら。

ニゲラ.JPGバラ以外の花では、今は東庭でニゲラが咲いています。こぼれ種から毎年出てくるのですが、ここに咲いてほしいなぁといううまいところから出てきてくれるときと、なぜこんなところに・・・というところから出てきてしまうことがあります。今年は、水仙の葉の間にわりと固まった状態で発芽したので、それなりに見ごたえがあります。
posted by NASA at 15:54| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

バラ第2陣

クロードモネ0512.JPGDSCF8020.JPG4月の終わりごろから咲き始めた第1陣のバラに続いて、第2陣のバラが咲き始めました。
枯れてしまったコーネリアの跡地に植えたクロードモネ。春先に芋虫につぼみをかじられてしまって、残った数少ない貴重な花が咲きました。
ポンポネッラも少しずつ開き始めていますが、まだ写真に撮るほどではないのでまた今度。
ピークを迎えたストロベリーアイスは、今夜から雨の予報なので少し切って家の中に飾ることにしました。庭に生えていたヘビイチゴと一緒に。

金銀花.JPGバラ以外の花で今庭で咲いているのは、「金銀花」というタグがついていた、おそらくロニセラの仲間です。
私は咲き始めの色の方が好きで、ピンク色やアプリコット色が混ざったような淡い色合いです。これが咲き進んでくると黄色と白になります。
草むしりをしているときにそばに寄るといい香り。
posted by NASA at 10:27| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

南側スペースのバラ

ストロベリーアイス0503.JPGDSCF8005.JPG今日は南側スペースに咲いているバラをご紹介します。
我が家の南側は、わりと近くに隣家が建っていて少し日当たりが悪い場所です。それでも、多少樹高が高くなると明るさが確保できるためか、ここ数年は樹高の伸びたストロベリーアイスの状態がいいです。
株全体の写真も載せておきます。今年はたくさん花がつきました。

ハリーエドランド0503.JPGストロベリーアイスの隣に植えてあるハリーエドランドは樹高が低めなので、あまり花つきがよくありません。今期は1輪だけでした。でも珍しく大きな花が咲きました。

南側スペースにはもう1種類、ポンポネッラというつるバラが植えてありますが、こちらはまだつぼみの状態です。ポンポネッラの枝ぶりがすごすぎて支柱に負担がかかるらしく、華奢なオベリスクは数年前にダメになってしまったので、太いイボ竹を組んで行燈仕立てにしたのですが、これも風が強い日にあおられて傾いてきてしまいました。
ただ、傾いたおかげで(?)ダイニングの窓の前まで枝が来て、花が咲いたら食事をしながらバラを眺められるという状態になりそうです。

posted by NASA at 22:07| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

東庭のバラ

イブピアジェ0503.JPGピンクグルス.JPG我が家のメインの庭になる東庭でもバラが咲き始めました。
派手なショッキングピンクのイブピアジェと、ふわっとした色合いのピンク・グルス・アン・アーヘン。
ピンク・グルス・アン・アーヘンは梅の木の下になってしまって少し日当たりが悪いのですが、今年はなぜかたくさんつぼみがつきました。

ネペタオルレアバラ.JPG東庭の華やかな部分の写真。
バラと、この春に植えたオルレア、そして西側スペースで育てているネペタ シックスヒルズジャイアントを植木鉢に挿し芽したものが順調に育っていて、ピンク、白、紫のカラフルな一画ができています。
成長し始めなのでまだネペタの姿が整っていますが、この先きっともじゃもじゃに伸びてきて大変なことになると思います(笑)。
posted by NASA at 17:17| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

バラのシーズン到来

コンテ20180428.JPGジャメイン20180428.JPG庭のバラがちらほら咲き始めました。
例年だと一番乗りはゴールデンボーダーのことが多いのですが、今年はコンテ・ドゥ・シャンパーニュでした。
日当たりがあまりよくない北側フェンスに誘引してあるスブニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインも咲き始めました。

アンブリッジローズはブラインドが多いうえに、数少ないつぼみをバラゾウムシにかじられて、もしかしてつぼみ全滅?という状態。軽く剪定し直して様子を見ようと思います。
植えて2年目になるクロードモネはつぼみがたくさんついたので喜んでいたら、なんと丸々とした青虫が1匹ついていて、1つを除いて全部かじられてしまいました。な、なんてこと・・・。
posted by NASA at 20:16| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする