2018年02月18日

外壁メンテナンス工事終了(2)

今回の外壁メンテナンスのメインは、実は壁の洗浄ではなく窓周り関係でした。
昨年の梅雨頃に10年点検を受けたとき、外壁と窓モールの間に隙間ができているのを指摘されました。わずかな隙間ですが、ここから雨水などが入ってしまうと家が傷んでしまう原因になるので、コーキングした方がいいということでした。

壁と窓モールの隙間.JPG壁と窓モールafter.JPG窓モールの横側だけでなく、下側もユニプラルのかけらがポロッと取れて隙間が空いている場所がありましたが、ここは完全に埋めてしまうと万が一どこかから水が入ったときに抜けずに窓下部にたまってしまってよくないということで、隙間が目立つところだけ壁と同じ素材でざっとふさぐような形になりました。
コーキング前と後の写真を載せます。

木製サッシ塗装前.JPG木製サッシ塗装後.JPGもう1つ、今回の工事で優先事項だったのは木製窓の塗装。
新築した翌年とその後2年おきぐらいに2回ほど自力で塗ったのですが、ここ数年はちょっとさぼっちゃってました。
また、階段ホールの上の方についている窓が、はしごを使ってかなり危ない体勢でないと塗れないということがあって、この10年間で実はその窓だけ1回しか塗っていなかったのです。
それを今回プロにお願いすることにしたわけです。
木製サッシだけでなく窓モールも塗装をお願いしました。
塗装前と塗装後の写真を載せておきます。さすがに、塗料を塗った後の方がしっとりしてますね。

ウッドデッキbefore.JPGウッドデッキafter.JPGウッドデッキは、汚れの他に苔のようなものがついてしまっていたのですが、水洗浄できれいになりました。
うちのウッドデッキは桟橋にも使われるイペを使っていますが、塗料の吸い込みが悪い木材なのです。基本的には何も塗らなくていいようなのですが、洗浄のあとちょっとかさついて見えたので「何か塗ってもいいでしょうかね」と業者さんに相談してみたら、キシラデコールの「やすらぎ」を塗ってくれました。屋外用の塗料で、ほぼ透明なので色はつきません。

無事冬の間に工事が終わりました。
冬に外壁工事をする我が家にとってのメリットは、地域柄晴れる日が多いので塗料を塗るスケジュールが狂いにくいこと(工事に取りかかる前は雪で延期になっちゃいましたけど、工事中の延期はありませんでした)、庭の植物が暴れ出す前なので足場を組むスペースが確保しやすいことなどですね。
逆に木製窓塗装をするときに1日だけ窓を開けての作業があり、その時はちょっと寒かったです。寒波が来てないときでよかった・・・。
posted by NASA at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

外壁メンテナンス工事終了(1)

北面1before.JPG北面after.JPG先週の3連休明けに足場を組んでスタートした外壁メンテナンスですが、今日足場を解体して無事終了となりました。工事自体は3日前に終わっていて、昨日ジューテックホームさんの最終確認があり、そこでチェックされた部分を今日業者さんが手直しした後、足場解体となりました。
水で洗浄してもらった外壁のbefore とafter の写真を並べておきます。

外壁の汚れは場所によって種類が違っていて、なぜだか北西の壁だけ特に排気ガス汚れのような黒っぽい汚れがひどかったそうです。別にご近所さんの車のマフラーがこちらを向いているわけでもないし、家の前の道の北側と北西側でそんなに交通量などが違うとも思えないのですが、おもしろいですね。

キッチン換気扇before.JPGキッチン換気扇after.JPGキッチンの換気扇の下は、油っぽい空気が排気されるであろうところにさらに庭の土埃などがくっついてしまっているだろうと思われますが、水洗浄だけでかなり落ちました。これもbefore とafter の写真を載せておきます。
お風呂場の換気扇の下も同じように黒っぽい汚れがついてましたが、こちらは浴室からの排気と考えるとカビ汚れなのかな?

書斎窓下before.JPG雨だれ補修後.JPG窓下の雨だれ風の汚れ、正確に言うと窓モールの塗料が長年かけて染み出してできたと思われる汚れですが、これは外壁洗浄が終わった後、汚れが目立つところだけ上からユニプラルの粉と接着剤を混ぜたものを塗ってもらう形にしました。
今は壁の色となじんでつぎはぎ感はありませんが、年数がたったときにどのように退色してどのような見え方になるのかは実はわかりません。
posted by NASA at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ガス料金

今年は寒波が居座る時期が長引いて、いつもより少し寒い冬のような気がします。
我が家のガス料金ですが、12月9日〜1月11日の分は17512円、1月12日〜2月7日の分は15798円でした。
1月に入ってからの方が寒いので床暖房を使う時間も伸びていたはずなのですが、検針日がちょっと早かったために使用期間が短くなって、最新のガス料金が安めに出ています。

2014年、2015年は真冬のガス料金が2万円に達していたので、それに比べればここ数年は安く済んでいます。
最近は温暖化などの影響で、均してみれば冬が暖かいのか、それとも家の温まり方がよくて床暖房を運転する時間が短くて済んでいるのかよくわかりませんが(2015年の2月に不凍液を交換したのは関係ある?)、今のところタイマー設定は明け方1時間20分、夕方1時間で、室温18〜20度ぐらいで、たまに寒いなと思うと日中小1時間手動でつけています。
posted by NASA at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

足場設置

DSCF7792.JPG2月の初めに降った雪は前回ほど積もることはなく、数日したら日陰以外は溶けました。
本日、外壁メンテナンスのための足場が立ちました。最初の予定より少し遅れましたが、冬の間に工事を済ませたかったので、始められてよかったです。

足場にぐるっとシートをかけるのが一般的なのかもしれませんが、今回壁洗浄をするときに柄(?)の長い道具を使うらしく、シートが引っかかって作業の邪魔になるといけないということでシートなしの状態です。あまりに飛び散ってご近所さんに影響しそうなら部分的にシートを使うようです。

工事はこれから来週末ぐらいまでの予定です。お天気が悪いと塗装などはできないでしょうから、なるべく晴れてくれて、工程表通り進むといいなと思っています。
posted by NASA at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

降るな〜〜〜

DSCF7786.JPG1月22日に都心でも20pを超えるような雪が降りました。我が家の辺りも昼前から降り始め、夕方には本格的な大雪に。
夜、2階の窓から家の前の道を写真に撮ってみたのですが、結構雪国チックです。
普段雪が降らない地域では、雪かきをした雪を流す側溝などがありませんので、どうしても道端に積むことになります。

DSCF7789.JPGこの雪の影響で、今週半ばに外壁メンテナンスのための足場を組む予定が、延期になってしまいました。
6日ほどずらして今度は1月末頃にはということだったのですが、気温が低くて雪が溶けないためトラックが駐車できないということで、さらに2月の最初の方にずれ込んでしまいそうです。
朝7時半ごろに温度計を表に出してみたら、約マイナス4度。雪もカチカチです。

これ以上工事の始まりが遅れてほしくないのですが、1月31日から2月1日にかけてまた雪になるのではないかという不吉な天気予報が。
もう降らないでほしいです・・・。
posted by NASA at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

迷走する外壁メンテナンス

昨年の6月に家の10年点検を受けました。
我が家の外壁はユニプラルなのですが、それが一部ポロポロッと取れることがあって、外壁と窓周りの間に隙間ができてそこに雨水などが入り込むと下地に影響するのでよくないということで、隙間を埋めましょうという話になりました。
足場を組まないといけないので、どうせならついでにできることを合わせてしてしまおうということで、外壁の洗浄と窓枠の塗装なども合わせてお願いして、見積もりを取りました。

うちが家を新築したとき、ユニプラルはそんなに知られているわけでもあちこちで使われているわけでもありませんでした。ユニプラルを使って家を建てたケースは、ジューテックホームさんで同じような時期に家を建てた人が何件か、そしてネット上でも何件か見つかりましたが、何年もたっていて実際にメンテナンスをしたという情報はほとんどなかったです。
施主の方の経験談はありませんでしたが、当時の触れ込みとしては高圧洗浄で汚れが落ちるということでした。我が家の場合窓枠の下に雨だれのような汚れがついているので、これを高圧洗浄で落とせるといいなと考えていたのです。
が、今回ジューテックホームさんや塗装屋さんから、高圧洗浄ではユニプラルが傷んでしまうかもしれない、また、汚れの種類によっては水での洗浄では落ちないかもしれないというお話が出てきました。そうなると薬品での洗浄になるということなのです。

before.JPGafter薬.JPG塗装屋さんが我が家に来て、試しに目立たない場所で薬品洗浄をしてみましたが、雨だれ汚れはうまく落ちませんでした。洗浄前後の写真を比べてみてもわかりますが、ほんのちょっと薄くなった程度で、汚れが落ちたとは言い難い状態です。
どうも我が家の窓下の汚れは単なる泥汚れやほこり、カビではなく、窓モールの塗料が長年かけて染みてきてしまったことによる汚れのようで、薬品ではそれを浮かせることができないようなのです。

ユニプラル+接着剤補修.JPG塗装屋さんが次に考えてくれた方法は、ユニプラルの粉と接着剤のようなものを混ぜて、汚れ部分に薄く塗るという方法でした。
我が家の色番のユニプラルの粉を取り寄せてやってもらったのですが、風合い自体は違和感なくつぎはぎ感もなくできましたが、経年による退色で外壁の色が薄くなっていたようで、新たに塗ったところが濃いのです。
そうなると、もっと薄い色のユニプラルに変えて、壁との色合わせをしながら塗ってもらわないといけないというなんとも手間のかかることになります。

悩んだ末に、雨だれの汚れ部分については実際の工事をして洗浄が終わるまで保留ということにしました。
今回のメンテナンスで我が家にとっての優先事項はまず外壁と窓の隙間を埋めることと、5年ほど前にDIYしたきり放置してしまった木製窓の塗装をしてもらうこと、窓モールの塗装の剥がれを直してもらうことで、外壁洗浄や汚れ落としについては、せっかくお金をかけて足場を組むならついでに、というような側面があったので、最悪今回の工事ではやらなくてもいいやということで。
外壁を通常の水洗浄してほこり汚れやカビなど通常の汚れだけ落としてもらい、その結果雨だれがものすごく目立ってしまうようであればユニプラルの粉と接着剤で補修、そんなに汚れが目立たないようであれば次回何年後かの外壁メンテナンスまで持ち越しということにしようかと。

というわけで、高圧洗浄→薬品洗浄→ユニプラルで補修→通常の水洗浄と迷走しまくった結果、とりあえず見てから決めようかという結論に・・・。

来週から足場を組んで工事に入る予定です。
昨年の夏前から動き始めたはずのメンテナンス打ち合わせ、長かった・・・。
今回ちょっと不安に思ったことを2つほど。
1つは、メジャーでない素材を使うと、参考にできるメンテナンス例が少なくて、自分の家が実験台になる可能性があること。メーカーのHPに情報としては書いてあっても、実際にそれをした人がまだいないので、本当にそれでうまくいくのかがわからないし、メーカーが想定しているのと違う汚れなどは、どうやって落とすのが最適なのか情報がないんですね。
ユニプラルの風合いに惚れ込んで採用したので後悔はしていませんが、次回また10年後ぐらいに外壁メンテナンスする頃には効果的なメンテナンス例がたくさんあがっているといいんですが。

もう1つは、アフター部門の体制に対する不安。何人ぐらいのスタッフがアフター担当なのかわかりませんが、お忙しいのか窓口の連絡が少々滞り気味。毎年新しい家が建てられてアフターが必要になる家が増えるわけで、1人のスタッフが抱えている件数が多すぎたりしてないかしら。
また、実際に作業する塗装屋さんなどの業者さんも、おそらく大手のHMと違って大勢抱えているわけじゃないと思うので、スケジューリングが大変そうなのです。我が家に来た職人さんも、新築の現場をやりながら朝一や昼休みに我が家に寄って作業していったり、朝試し塗りして夕方また見に来たり。その人のスケジュールがうまく数日空いたところに打ち合わせを終えてタイミングよく入り込まないと、工事が始まるのがずるずる遅れていくのではないかと。

我が家の庭の状況から、植物の生育が鈍くなる冬に足場を組みたかったので、この時期にスムーズに工事が進むといいなと思っています。
posted by NASA at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

年末

今年もあと2日。この年末は珍しく忙しいので、大掃除の予定、ちょびっと積み残ししそうです。冷蔵庫の掃除ができてないうちに夫が休みに入り、大量の年末年始用の食材を買い出ししてきて詰め込んじゃったので(我が家は年末年始の料理は夫が担当)、もう年内は無理だな・・・。

梅1210.JPG梅1229.JPG庭の方は、バラの誘引と梅の剪定が終わりました。年が明けたら外壁のメンテナンスをする予定なので、足場を組むのの邪魔にならないように早めに終わらせておきたかったのです。体力的に梅の剪定はいっぺんにできず、3回ぐらいに分けて作業しました。before とafter の写真を載せておきます。
自分ではこれで剪定終わりと思っていたのに、その後植木屋さんが「梅が伸びすぎているからどうですか〜」とセールスに来るという・・・。やっぱり思い切りが足りないのかな。

DSCF7735.JPG本来は、家の掃除など全部済ませてから「きれいになりました。これで年始を迎えられます」ということでお正月飾りなどつけるのでしょうけれど、我が家はまだ掃除は終わってないけど一夜飾りはいけないというし、もうドアにお正月飾りをつけてしまいました。
ついでに、庭の万両を切ってきて玄関に活けました。

それでは、皆様よい年をお迎えください。

posted by NASA at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

バラの誘引

のこぎりを使ってギコギコやるような庭木の剪定をすると、数日間筋肉痛に悩まされるので、なかなか一気に片が付きません。梅の木の剪定を2度に分けてやった後、まだあともう少し切らないといけないのに体力が続かなくて、予定を変更して先にバラの誘引をしました。

コンテ誘引後.JPG棘がきつくて一番誘引が大変なのがコンテ・ド・シャンパーニュ。いつも夏になるといっぱいシュートが伸びてえらいことになってしまうので、毎年ばっさりざっくり剪定しちゃおうと思うのに、結局思い切りが足りないことが多いのですが、今回はどうでしょうか。ちょっとさっぱりしたかなぁ。before の写真を撮り忘れました・・・。

ジャメイン誘引前.JPGジャメイン誘引後.JPG棘が少なめで剪定しやすいのがスブニール・ドゥ・ドクトール・ジャメイン。剪定前と後の写真を2枚載せます。
before の写真を見るとわかるのですが、このバラも花が終わった後新しい枝がバンバン伸びます。伸びすぎた枝が窓にぶつかってしまいます。生育旺盛なのでがっつり剪定しちゃって大丈夫。細い枝は遠慮なくバサバサ切り落として、残った太めのいい枝を誘引します。
だいぶさっぱりしましたね。
posted by NASA at 11:02| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

柚子茶づくりと庭仕事いろいろ

DSCF7691.JPG子供のリクエストがあったので、庭の柚子を使って柚子茶を作りました。いつもあまりみんな飲んでくれなくて、今年は作らなくていいかなと思っていたのに珍しい。
いっぺんに多く作っても腐らせてしまうかもしれないので、とりあえず柚子3つ分で。皮も実も一緒くたに細切りにして種を取り除き、重さをはかってみたら140gだったので、同量の砂糖を用意してガラス瓶に漬け込みました。2週間ぐらいたったら飲めます。

ギンバイカとローズヒップ.JPG柚子の実を収穫しがてら伸びすぎた枝を軽く剪定して、ついでにフェンスから道路にはみ出しているギンバイカも軽く剪定しました。
バラの本格的な剪定はまだですが、ローズヒップができていたので、それも剪定しました。
貧乏性なので(笑)、切ったギンバイカの実とローズヒップは捨てずにトイレに飾ってしまいました。

梅の木の剪定も、先日手を付けました。ただ、梅の木が大きくなりすぎているのと自分自身がパワー不足なのとで、1日で剪定を終わらせるのは無理なので、焦らずちょっとずつ進めるようにしています。
剪定が完了したらbefore とafter の写真を載せたいと思います。
posted by NASA at 13:40| Comment(0) | 庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

クリスマス飾り&大掃除の状況

DSCF7675.JPGDSCF7677.JPGクリスマスリースを玄関扉に飾りました。今年は手作りせずに既製品で。
玄関の下駄箱の上には、クリスマスっぽい色のキャンドルホルダーとサンタの形をしたキャンドルを置いています。猫がいたずらして落っことしませんように。

大掃除の方は、以前記事にした階段の手すりとキッチンのフローリング掃除以降、1階の洗面台の掃除とキッチンの換気扇掃除をしました。あと、書斎スペースの雑誌を少し処分しました。・・・あまり進んでないな。

年内にしたいことリスト
2階の洗面台掃除・冷蔵庫の中の掃除・窓拭き・キッチンキャビネットの拭き掃除・庭のバラの誘引(3本)・梅の木の剪定

年が明けちゃってもいいから春ぐらいまでにはしたいことリスト
カーテンの洗濯・下駄箱の中の掃除
posted by NASA at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする